寝具選びは慎重に!自分に合うマットレスが家族にも合うとは限らない

低反発が良いか、高反発が良いかは人それぞれなので使ってみて選ぼう!

今、僕が使っているマットレスは、ニトリで購入した3,980円のものです。

結婚する前は、実家暮らしでしたから、折りたたみのベッドを使っていました。

このベッドも、5~6年は使いました。

大切に使っていましたが、寝返りをうつと、ミシミシと音がするので確認すると、マットレスの下の板が割れていました。

この板が割れた原因は、ハッキリしています。

それは、僕がこのベッドの上で彼女と、ほぼ毎日のようにエッチをしていたからです。

激しくしすぎて壊れたのだと思います。

さて、その後、結婚後はアパート暮らしとなったために、布団で寝るようになりました。

これまで購入してきた布団のすべては、ニトリのものです。

結婚してすぐの割とお金のない若い夫婦には、ニトリのマットレスはとても使い勝手が良いです。

ただし、安いためにすぐにマットレスはヘタってしまいます。

その結果、腰を痛めます。

マットレスがヘタってくると、マットレス自体が薄くなってきてクッション性が失われて、腰を痛めるようになります。

そうなると、新しいマットレスを購入しなければならなくなります。

さて、一度、JRタワーホテル日航札幌に宿泊したとき、部屋のベッドのマットレスがテンピュールでした。

これには、大感激しました。

寝心地は、とても良かったです。

横になると、「ス~ッ」と眠りの世界に落ちていく感じです。

こんなにも、「寝心地の良いマットレスがこの世にはあったのか?」と感動を覚えるほどの質の高いマットレスです。

しかし、うちの嫁は、テンピュール(=低反発)が合わなかったみたいで、「まったく眠れない!」とブツブツいっていました。

それも、僕が気持ちよく眠りに落ちそうになると、「ねぇ、このマットレスやわらかくて眠れなくない?」と話しかけてきました。

僕は、自分にとってはとても気持ちよく眠れそうなことを説明して、静かに眠らせてくれるようにお願いしました。

一応、了解はしてくれたのですが、僕が眠りにつこうとすると、「はぁ~、眠れない!」というようなことがしばらく続きました。

最終的に嫁は、静かにしてくれて夢のような寝心地を体感することができました。

このとき、人によって「低反発が合う」「高反発のほうがいい」と好みが分かれるということを改めて実感しました。

よって、自分の好みや身体に合ったマットレスなどの寝具と出会うということは、人生においてとても大きな意味を持つということ何ですね。

安眠のためには、良い寝具に出会うことは非常に重要ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です