マットレスの必須条件は通気性!ベストなマットレスをみつけた!

マットレスなしの生活は不安!湿気でのカビを予防できるマットレスとは?

先日引っ越しをしました。

実家から独立するための引っ越しだったのですが、ずっと悩んでいたことがありました。

布団です。

実家には家族の人数分の布団しかなく、こまめに実家に帰りたい私は布団を持って来たくなかったのです。

そこで、インターネットで色々と情報を集めていました。

分厚い布団にするか、薄い布団でダブルを買うかで悩みましたが、結局ダブルの布団を購入しました。

そしてマットレスの購入を待たずに、新生活がスタートしてしまいました。

マットレスが無い敷布団は、恐怖との戦いでした。

というのも、実は以前にも一人暮らしをしていたことがありまして。

フローリングに万年床をこしらえて、まともに学びも働きもしていなかったものですから、ずっとその上にいたんです。

ある日、布団を裏返してみたら…、容易に想像できますよね。もちろんしっかりとカビてました。

そのトラウマが蘇るほど、朝の敷布団とフローリングは私の寝汗でぐっしょりとしています。

毎朝裏返して、裏表順番に布団を使い、時間があれば布団乾燥機をかけて、思いました。

やっぱり、通気性の良いマットレスは必要なんだと。早く買わなきゃ崩壊は近いと。

マットレスを買うかどうか悩んでいた頃にみつけた、良さそうなマットレスが頭をよぎります。

アイリスオーヤマのエアリーマットレス。しかし高くて見送ったものです。

ましてや今ここにあるのはダブルサイズの布団。シングルでも高いものがお値段もダブル。

とても手が出る金額ではありません。

そこでピクニックやキャンプで使う銀マットを敷くことを考えました。

折りたためる物もあるからそれならと思いました。

しかし、今私が必要としている機能である「通気性」をどれくらいクリアできるのかと考えたら、正直あやしいです。

困ったなと、ぼーっとキャンプ用品を見ていると、一つのマットに目が留まりました。

それが、キャプテンスタッグのEVAフォームマットでした。

ダブルサイズが数千円で買える、非常にコンパクト、通気性も保温性も抜群に良さそうです。

これしかないと思い、すぐにアマゾンで購入しました。

届いて早速寝てみると、薄いのになかなかのホールド感があります。暖かくて、良い買い物をした気分で心地よく眠りにつきました。

そして次の日布団をひっくり返すと…布団が湿気てないのです!

もちろんマットレスの下もさらさらです。

耐久性はそんなにないとは思いますが、これがダメになっても安いのでまたリピート購入しようかと思っています。

良いマットレスに出会えてよかったです。

腰痛を治したい!悪化した腰痛改善のために運動をしています

腰痛改善のために地道な努力!ストレッチやウォーキングに気長に取り組む

自分は腰痛になることはないと思っていまいた。

今まで普通に痛みはありませんでした。

しかしいきなり腰痛がやってきたのです。

自分でも急に痛くなったのでびっくりしました。

それまでは普通に生活できていたのに、急にそれができなくなったのです。

腰痛だけではありません。

つま先も痛くなりましたね。

ここまでいろいろな部分が痛くなるとは思いませんでした。

腰痛になってからずっとすぐに治ってほしいと思いっています。

毎日、明日は治るだろうと思って希望を持って生きています。

しかし治りませんね。

ここまで治らないと大変です。

どうにかしようと思いましたが自分の力だけではどうにもなりませんでした。

そのような状態です。しかし希望は捨てる訳にはいきません。

どうにかして治そうと思いました。

そして今では、腰痛改善のためのストレッチを毎日行っています。

すぐに効果は出ませんが確実に腰痛は治ってきていると思います。

これを続けていけば健康になれると思いました。

継続は力なりですね。すぐに腰痛は治りません。

ですが、何か一つでも取り組みを続けていれば良くなっていくのではないでしょうか。

あとは自分の体の治癒力を信じるだけなのですよね。

こまめに運動をすることも大切です。

腰が痛いからと言って寝てばかりでも治りません。

歩く運動を行うだけでも違ってくるのではないでしょうか。

歩くことはすべての基本となります。

運動をすることは歩くことと言っても良いでしょう。

運動をしたあとはしっかり休むことです。

トレーニングをすることで腰を鍛えることも出来ます。

腹筋運動をしたり、ジョギングをする事も効果的です。

退屈だなあと思っていてもやるべきなのです。

そうすれば腰痛は治ってくるのではないでしょうか。

腰痛はそう簡単に治る病気ではありません。

ですから気長に取り組みましょう。

そうすれば治ってきます。

実際に私も腰痛を経験しました。

そしてそれはかなりきつい症状だったと思いますね。

無理をしてしまったのがよくありませんでした。

私はデスクワークをしていてそれで腰を痛めてしまったのです。

座っている時間が長かったのでそれでお尻が痛くなりました。

最初は大したことないだろうと思っていましたが、そのダメージは大きかったです。

普通に歩くことさえも困難になってしまったのです。

そのような状態では普通に生活をすることが出来ません。

困ってしまいました。

医者に診てもらいましたが異常なしということです。

レントゲンに映らないくらいの症状らしいですね。

ですから取り組み次第では治るということです。

今後も頑張っていきたいと思いました。

マットレスの清潔さの維持はどうしたら良い?手入れに悩むマットレス

 

我が家では、結婚当初から同じベッド、同じマットレスを使っています。

そろそろ20年にもなろうとしています。

ダブルベッドで、2Fの寝室に置いています。

我が家の場合は、シーツやタオルケット、枕カバー、布団カバーはマメに洗濯し、布団も頻繁に干しています。

洗濯はそれほど好きではないのですが、寝具だけは清潔にしたいと考えているからです。

外出の関係で、どうしても長い時間干せないときもありますが、外に布団を干すと、やっぱり布団がふかふかになって、気持ちがいいものですよね。

なるべくなら毎日外に布団を干したいな、と思っているほどです。

しかし私が気になるのは、マットレスです。

ずっと同じマットレスって、衛生的にどうなんでしょうか。

大丈夫なのかな、と、時々不安になります。

せめてマットレスも天日干ししたいところなのですが、このマットレスが、厚さ15センチほどもある、とても暑くて重いものなのです。

干すために持ち上げることもできないくらい重いので、いつも敷きっぱなしとなっています。

ベランダに干してみようかと何度か試してみたことはあるのです。

しかし重すぎて、ベッドから取り外すこともできず、数10センチ動かすのがやっとです。

でも、それだと雑菌が繁殖していそうな気がして…。

仕方がないので、ふだんは、シーツなどを洗濯する際に、市販の除菌が出来るというスプレーをマットレスにかけています。

それだけでは除菌しきれていない気がするのですが、いまのところは、他に対応が思いつきません。

せめて月に1度くらいは天日干ししたいと思うのですが、現実的にどうにも出来ずにいます。

でも、よく考えてみると、他のご家庭でも、布団を干しているところは見かけますが、マットレスを干している家って今まで一度も見かけたことがないような気がします。

そう考えると、マットレスは敷きっぱなしが普通なのでしょうか。

それとも、マットレスを使っていないか…。

私にはかなり気になるんですが、なんとなく人にも聞きづらいので、誰にも聞いたことがありません。

それほど気にしなくてもいいことなのかもしれませんが…。

人間は、寝ている間は、かなり汗をかくと聞いています。

ということは、その汗は、マットレスにまで届いている可能性がありますよね。

であれば、そのままだと、清潔だとは言い難い気もするのです。

よそのご家庭ではどのようにしているのか、いつか誰かに聞いてみたいような気もします。

たっぷり寝たはずなのに疲れが取れていない…マットレスが合っていないのかも

心身ともに健康でいたいのなら睡眠時間をどう過ごしているかがとても大切

毎日、心地良く眠れていますか?

明石家さ○まさんのように短い睡眠時間でも元気な方、10時間以上たっぷり寝ないとダメな方などと個人差はありますが、平均睡眠時間が7〜8時間とすると、人は一生のうち3分の1は眠っているという計算になります。

起きている時間は、頭を使い、身体を動かし、食事で内臓も疲れています。

ですので眠りの時間をどう過ごすかは、実はかなり重要なのです。

自分にとって心地良い入眠方法や環境、服装や寝具選びなど、一度しっかりと考えて意識するだけで、心身の回復度が俄然変わってきます。

中でも、全身を預けるマットレス。

身体に合っていないものを長期間使用していると、疲れが取れにくいばかりか、かえって体の歪みやさらなる疲労を引き起こしてしまいます。

私は、元々骨盤が悪いのですが、マットレスの違いで睡眠の質がこんなにも変わるのかということを身をもって経験しています。

以前私は、少し柔らかめのマットレスを使用していました。

眠りからの目覚めも良く、疲れも取れたと感じることが多かったので自分に合っていたのだと思います。

ですがその後、硬めのものに変えて眠るようになってから、全身の体重が殆ど吸収されない状態ですので、骨盤に持病のある私の身体には合わなかったようで、身体中が痛くて凝りが酷くなり、夜中に目覚めるほど辛い日々が続きました。

睡眠不足ではないのに、日中も元気が出ない、疲れが取れないという状況で、身をもって自分の身体に合ったマットレスがいかに大切かがわかりました。

その後また柔らかめのマットレスに変え、現在は夜中に痛みで目覚めることもなく快適な睡眠時間を過ごしています。

質の高い眠りには、枕選びも同じくらい重要だと思います。

枕って本当に様々な種類があって、選び易く気軽に変えられるので枕にこだわりのある方は結構いらっしゃると思います。

一方でマットレスは、良いもの=高価なイメージが合って失敗したらどうしようという思いが合ったりなかなか実際に試す機会もなかったりして、気にはなっているけれどついつい後回しになってしまっている方も多いのではないでしょうか。

ですが、今のマットレスは本当に各メーカーが、これぞ知識や技術の結晶というくらい計算され尽くした素晴らしい商品を出しています。

眠る人の好みがあるように、メーカーによって硬さなど特徴がありますので自分にぴったりのマットレスに出合エルと良いですよね。

マットレス選びは、疲労などの健康面だけでなくむくみや歪みなどの美容面にも大きく関わってきます。

私のように眠っているのに何だか疲れが取れない、むしろ疲れているというような方は、すぐに寝具の見直しをおすすめします。

一日の3分の1を占める眠りを大切にすることで、大げさかもしれませんが人生も変わってくるかも知れませんね。

薄いマットレスが自分にはピッタリ!柔らかいマットレスでぎっくり腰に!

私が普段寝ているベッドに使用しているマットレスがあるのですが、正直そんなに高級なものを使用していません。

どちらかというと、薄っぺらい実家からもってきたマットレスを使用しています。

これには深い理由があります。

3年前の朝にベッドから起き上がろうとして腰をひねってしまい、ぎっくり腰になってしまいました。

その時に使用していたのが、かなりクッション性の効いたほんの少しお値段の高めなマットレスでした。

整骨院の先生が言うところには、ぎっくり腰の原因のひとつに寝ている時の寝返りの回数が大きく関係しているそうで、寝返りを何度かうっている中で、骨盤や姿勢の歪みを修正しているそうです。

そのことはもちろん知らずに、クッションの沈みにはまりながらいつも寝ていた私は、自然な寝返りを止めてしまうような姿勢を保ってしまう状態になっていました。

またそもそも寝相はかなり良い方で、寝返りも少ないことと運動不足が原因の体重増加をしてしまったことが重なってぎっくり腰を引き起こしてしまったようです。

その他にもストレスであったり、重いものを持ったりとぎっくり腰の要因はあるのですが、あの痛みはもう二度と経験したくはありません。

当日の朝は立ち上がること事態がとても辛く、一番近くの徒歩3分の距離の整骨院まで、道沿いの家の壁や電柱をつたいながら20分もかけて到着したくらいです。

それからずっと、薄っぺらい実家からもらったマットレスにしています。

そこからは調子が良く、腰の痛みもほとんどありません。

まあ、少しダイエットして体重を減らしたこともあるのですが。

実はたいしたことではないのだすが、もうひとつ理由があって、私はしょっちゅう布団を干しています。

それほど、キレイ好きとかという訳ではないのですが、太陽の光を浴びたあったかいフカフカの布団がこの上なく好きで、どうせ干すならマットレスも一緒にベランダに干します。

干したあとの太陽のにおいと温度に包まれた寝具たちが非常にいとおしいです。

それが、高級な分厚いマットレスだと私の部屋についている小さなベランダには干すことができません。

その2つの理由があって、現在使用している薄っぺらいマットレスを使用しています。

ただ、たまに友人の家に泊まったり、ホテルに泊まったりして、フカフカのベッドに体を預けるとそれもまた心地よいです。

そんなことをすると、ちょっとした浮気をしているような気持ちになったりもします。